ダム・水源地の藻類対策、低層の低溶存酸素対策に、閉鎖的海域の海水交換対策に。当社の代水流発生装置[MJA]がお手伝いできる水環境があります。水の淀みは腐敗につながります。大切な環境を守る為に。


閉鎖水系浄化システム [MJA]- 使用例2

[大水流発生装置] ジェットエアレーター®/MJAが、大きな、生きた水の流れを創り、自然を蘇生。

実績はコチラから。

ダム・水源地の藻類対策に

  • 有害な藻類を無光層に回して繁殖をブロック

水源地では、カビ臭の原因である藍藻類の発生になやまされています。
この種の藻類は、条件が揃うと爆発的に異常発生しますが、現状では莫大な費用をかけて、水処理をしています。
ジェットエアレーターは、有害な藻類が増殖できなくなる無光層に循環効果を利用し押し込めることで異常繁殖を防ぎます。
また、発生した藻類に対し薬剤注入をする場合も、薬剤を「MJA」の空気導入口に吸引させるだけで、簡単に行うことができ、しかも撹拌効果は抜群です。

低層の低溶存酸素対策に

  • 循環によりDO値の高い水を低層に運びます

底層は溶存酸素が不足し、底泥中の有機物の嫌気性分解が促進されて硫化水素が発生したり、臭い水が問題となります。
ジェットエアレーターは、表層の溶存酸素濃度の高い水を、ポンプにより送り込むことで、底層のDO値を確実に増加させ、底質浄化が促進されます。
これにより底質の嫌気性分解を抑えて、好気性微生物を活性化することで、また、補助材として遠赤外線放射セラミック〔貴宝石〕を併用することで更に水の活性化が実現します。


閉鎖的海域の海水交換対策に

  • 湾内に水の流れをつくり、水質アップを実現

潮換りが悪い閉鎖的な湾などでは、水質は悪化の一途をたどります。
ジェットエアレーターは、この様な所に一定の水流系を作ることで、自然浄化を促しながら海水交換を実現します。
また噴射方向を上下、水平方向、自由に設定できますので、希望にそった設置計画が可能です。
将来は、「MJA」の動力源として太陽エネルギーを利用することで、場所等、電源に関係なく設置できるようになります。


用途

  • 池の浄化と美観の向上に :空気中の酸素を水に溶かして自浄作用を促進
  • 養殖魚の活性化と病気対策に :DO値の高い水の流れで養殖魚も元気に
  • 城堀や水路、クリークの浄化に :自然の蘇生能力が水域に復活
  • ダム・水源地の藻類対策に :有害な藻類を無光層に回して繁殖をブロック
  • 低層の低溶存酸素対策に :循環によりDO値の高い水を低層に運びます
  • 閉鎖的海域の海水交換対策に :湾内に水の流れをつくり、水質アップを実現

MJP直販サイト